理想のマイホームを建てるなら~信頼できる業者で叶える住宅建設~

四季工房の取り組み

四季工房での住宅建設について

四季工房は、自然素材や国産材を用いて、職人の手仕事で地域循環型の住宅を建築することをコンセプトとしています。住む人が健康でいられる家づくりを目指しており、環境共棲住宅として「エアパス工法」を取り入れています。 また、震災を経験した工務店として、耐震性の高さも重視しています。日本の伝統工法である「柔構造」の骨組みを採用しています。さらに、アフターメンテナンスにも力を入れており、継続的に顧客から高い満足度が得られる取り組みを行っています。具体的には、10年目まで毎年訪問点検が受けることができます。 住宅建設にあたっての坪単価は、特別工事を含めた出来上がりの価格に基づいて提示されますので、あらかじめ予算を立てやすくなっています。

これまでの歩みについて

四季工房は、1982年に設立された、福島県郡山市に本社のある木造注文住宅の施工と販売を行う会社です。当初は「株式会社三和グリーンホーム」としてスタートしましたが、パッシブソーラーハウスエアサイクル工法との出会いをきっかけに、「福島エアサイクル住宅」に改称、1995年に「株式会社四季工房」となりました。 国産材100%の注文住宅を手掛けるとともに、独自の「エアパス工法」を開発し、オリジナル部材の開発にも取り組んでいます。2000年には、四季工房の住宅に、実際に宿泊して効果を確かめることができる、体感宿泊所が完成しました。さらに、展示場やショールームを東北・関東北部の各地を中心としてオープンしています。